不断水工法によってスムーズに

subpage01

不断水工法の魅力は、断水することなく水道管の工事を行えることです。


特殊な器具を使うことによって、分岐やバルブ工事などを行うことができます。
断水しないので、周囲への影響が少ないことがメリットです。


基本的には上水道の分岐工事のために開発された技術ですが、現在では加水圧送管でも利用されることが増えています。


不断水工法は、不断水にするための穿孔機を使うことで断水せずに工事を行うことを可能にしています。



穿孔機はコアカッターのような形状になっており、普段は使うことのない特殊な機械です。


これを仕切り弁に取り付けることで断水せずに工事ができます。不断水工法を扱っている会社は増えているため、水道工事もスムーズに行えるようになっています。

しっかりとした日本経済新聞について詳しく説明しています。

断水することが困るような設備であっても、問題なく水道工事を完遂することができます。

不断水工法は自宅の工事だけでなく、さまざまな場所で活用されています。魅力的な方法のため、利用者が増えていることが特徴です。


不断水工法を利用することによって、バルブの追加工事や分岐工事ができるようになっています。
もちろん多少の排出が起こることはありますが、問題になるほどではありません。
断水しないことにより、いつでも手軽に水道工事が可能になっています。


特殊な工事にはなりますが、それほど費用がかからないことも魅力のひとつです。取り扱っている業者に問い合わせることで、断水せずに工事を行うことが可能になります。