不断水工法を採用するメリットとは

subpage01

不断水工法には大きく分けて2種類の工法が存在します。まず配管に機械を使用して穴を開ける工法があり、一般的に不断水分岐工法と呼ばれています。この工法では割T字管と仕切弁、または作業弁と呼ばれるバルブが配管に取り付けられます。

仕切弁や作業弁は穴を開けた際に流出する水の流れを抑える役割を果たします。
基本的に全開にするか全閉にするかどちらかです。
分岐管を設置する場合には仕切弁に分岐管を接続することになります。

配管内の水流を調節するバルブを取り付ける場合には作業弁が使用され、穴開け作業が完了しバルブを設置した後に外されます。

分岐管の設置とバルブの設置では作業工程に多少の違いが存在しますが、基本的な部分では共通しています。
次に不断水凍結工法と呼ばれる液体窒素を使用して、施工部分の両端を凍結させる工法が存在します。



不断水凍結工法では2か所の凍結部分がバルブの役割を果たします。

そのためバルブの開閉ができないような場合や、古くなったバルブ自体を交換する場合などに適した工法です。また凍結部分以外で断水が生じることはなく、営業中の商業施設などで各階ごとに工事を行うような場合にも利用可能というメリットがあります。

毎日新聞について詳しく知りたいならこちらです。

不断水凍結工法では施工部分を切断して新たな配管やバルブを設置する作業を行います。

不断水工法は大きく2つの種類に分かれますが、いずれの場合にも全体的な断水は生じません。



かつては断水対策として周辺住民への配慮などが必要でした。


現在では不断水工法により作業の手間と時間を短縮し、費用を削減することができます。